« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

撮り方講座7 フラッシュOFF

20100531_k3007s2

いつもフラッシュONと書いてきましたが、
OFFにした方がいい場合もあります。

その1は、少しアートな( ? )写真を撮りたい時。
以前に、笑顔の写真が一番いいけれど、
たまには、泣いた顔、怒った顔、シルエットや後ろ姿もいい、
と書きました。

サンプル写真↑が子どもの写真でなくて申し訳ありませんが、
こんな、シルエットの時はもちろんフラッシュOFF。

夕日や窓からの光が、お子さん( 被写体 )の横からさしている場合もOFF。
横からの光だと、顔半分が影になってしまいますが、
その方が立体感があって、味わい深いですね。
内蔵フラッシュの光は正面からの光になるので、
この立体感を消してしまいます。
たまには、アートに挑戦してみてください。

20100531_2331s2

横からの光はこんな感じ。
この写真は夜なので、反対側は真っ黒になっていますが、
夕日や窓からの光なら、立体感はあるけど、もう少し柔らかい感じになります。

フラッシュOFFの話は 2 に続きます。
入学式の写真、フラッシュONにしたのにうまく撮れなかったという方、
次回をお楽しみに。

もう1つのブログでも、写真の撮り方教室やってます。
もし興味がありましたら、ぜひお越し下さい。

2010年5月30日 (日)

ブライダルスナップ

20100530_4674s2

ゼクシィの仕事で結婚式のスナップを撮ってきました。
リゾートホテルの海の見えるプールサイド、
最高の天気に恵まれ、最高のシチュエーション。
幸せそうなお二人でした。
今日撮影しても、雑誌なので発売は10月。

2010年5月29日 (土)

20100529_0129s2

徳島では、阿波踊りの練習の音を聞くと、夏が近づいてきたなあ、と思います。
日差しも、行きつ戻りつではありますが、少しずつ夏に近づいています。

2010年5月28日 (金)

阿波踊り3兄弟

20100528_y9456s2

徳島の町も、夏に向かって、どんどん阿波踊り色に染まっていく。
3兄弟の阿波踊りの写真を撮らせていただきましたが、
もちろん踊っているカットもいいのがありましたが、
これはこれで面白いと思いませんか?
Yさん、ご来店ありがとうございました。

2010年5月27日 (木)

二十歳の振り袖 前撮り

20100527_t9029s2

莉奈さん、ご来店ありがとうございます。
最初は、遠慮がちにに「アップはいらない」とおっしゃっていましたが、
撮ってみて、いかがでしたか。
お世辞抜きに美しいですよ。

20100527_t9013s2

今夜の月

20100526_0135s2

今夜の月は、雲に隠れて笠をかぶっていました。
明日の天気は??

さて、26日の昼過ぎ、にほんブログ村というランキングサイトの
「写真家 人気記事ランキング」で、このブログの記事が、1位になりました。
もう1つの私的ブログの記事が2位と3位。
一人で、1位から3位まで独占してしまいました。

いきなりブログを2本もスタートさせてまだ1か月、ランキングに参加してからまだ4日目。
もちろんブログ自体のランキングはかなり下にありますが、
とりあえずのこの結果、感謝いたします。

ここへおいでいただいて、
つたない記事をお読みいただいたみなさん、ありがとうございます。
少しは喜んでいただける、
そして役に立てる記事を書けるようがんばります。

さて、
お願いがあります。
先日もお願いしましたが、コメント下さいとお願いしましたら、
早速ご質問のコメントいただきました。ありがとうございます。
ひきつづき、撮影していただいた方の感想、このブログの感想や質問、
些細な事でも結構ですので、よろしくおねがいいたします。

もう1つ、お願いです。
4日前からランキングに参加する事にしました。
上の方にある( 青空の写真の下 )、"にほんブログ村"「写真ブログ」のバナーを、
もしよければクリックしてやってください。
励みになりますので。

ご報告とお礼とお願いでした。
どうぞ、今後もよろしくお願いいたします。

2010年5月25日 (火)

撮り方講座6 赤目緩和発光

前回、暗くても明るくても、
くっきりはっきり写真が撮りたければ
フラッシュONと書きました。

ただし、赤目緩和機能はOFFにしましょう。
あの、ぴかっと光る前に、
小さくピッピッピッと数回光るやつです。

撮られる人が慣れてない場合、
最初のピッピッピッと光った段階でもう撮り終わったと思って、
肝心の最後のピカッの時にはもう変な顔してる、
なんて経験ありませんか。

それに、ピッピッピッの分だけ
シャッタータイムラグが長くなりますから、
よほどしっかりカメラを見続けられる( しかも笑ったまま )
人が相手の場合以外はOFFにしましょう。
お子様を撮るのには不向きですね。
シャッタータイムラグについては、講座3に書きました。

もともと日本人は、欧米人に比べて
赤目になりにくいと言われていますので。

ところで、
撮影に関して、お困りの事、聞いてみたい事ありませんか?
些細な事でも結構ですので、メールなり、コメントなりで
教えていただければ、できる限りお応えしたいと思います。
今後、この撮り方講座の進め方の参考にもなりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

20100519_7287s2

写真と記事は関係ありません。

2010年5月24日 (月)

お客様からのメール

20100504c4780s2

お客様から、時々感想のメールをいただく事がある。
先日も大変嬉しいメールをいただいたので、
オフィシャルサイトの「お客様の声」でも
ご紹介したのだが、
( めちゃめちゃ嬉しいので )こちらでもご紹介したいと思います。

=======================================
可愛い写真をたくさん撮影していただきまして、どうもありがとうございました。
写真となると笑顔が少ない子供が、ニコニコした笑顔に、おまけにポーズまで!
あんなに楽しんでる姿、初めてみました。
家族みんな不思議に思い、「楽しかった?」と子供に質問したところ、
「あの写真屋さんが好きになっちゃったんよ」との返事。
とっても記念に残る、お誕生日写真になりました。

写真の出来上がりを楽しみにしています。
=======================================
こう言っていただけると、こちらもモチベーションが上がって、
もっとがんばろうと言う気持ちになる。
ご感想メールを送ってくださったみなさん、
このブログにコメントいただいたみなさん、
本当にありがとうございます。

2010年5月23日 (日)

まだまだ入学写真


「入学おめでとうキャンペーン」は、4月末で終わってしまいましたが、
入学写真はまだまだ続いています。
ご来店ありがとうございます。20100523m9333s2

2010年5月22日 (土)

成人式前撮り

ブライダル前撮りの次は、成人式前撮り。
ご来店いただいたお客様、ありがとうございました。

20100522_7990s2

スタジオエクシィでは、成人式・七五三平日前撮りキャンペーンやってます。

2010年5月21日 (金)

ブライダル 前撮り

隆さん、光代さん おめでとう !!
二人とも、最初はちょっと緊張して照れていましたが、、、
楽しかったよね。
写真選びにこられるのをお待ちしております。

20100521_ok7599s2

お幸せにね。

2010年5月20日 (木)

中野建吉さん2冊目の写真集

0705n0034s

木頭村( 現在は那賀町木頭 )に、
中野建吉さんというアマチュアカメラマンがいた。
自費出版で写真集「ぬくいぜんか」を出版された方である。

一度だけ中野さんとお会いしたことがある。
タウン誌「050」の取材で
中野さんのKEN'sギャラリーへお伺いした。

とても柔らかな印象の方で、
撮られた写真も、暖かく懐かしい。
写真に対する情熱はあつく、
写真を愛し、地元を愛した人、
という印象であった。

その中野さんが、昨年12月に亡くなられたのを、最近知った。
またもう一度お会いしたいと思いつつ、3年が過ぎ、
中野さんはお亡くなりになった。
ご家族の方が、遺作集の編集をされていると聞いた。

その時の写真をお送りしたら、奥様からご丁寧な連絡があった。
一度しかお会いしていないのによく覚えてくれていた。
「ぬくいぜんか」に続く、2冊目の作品集は、6月下旬、完成予定だそうだ。
「ぬくいぜんか」とはまた違った作品集になりますと言っていたが、
どんな写真集になるか、楽しみにしている。

もう一つのブログ「写真とMacと星空と」と、似通ったコンテンツの記事になる事も、
ごくたまにありますが、平にご容赦を。

2010年5月19日 (水)

撮り方講座5 デイライトシンクロ

1004_h9961s2

前回、「もっと光を」と書きました。

では、快晴の日中、野外なら問題ないかというと、
明るさでは、もちろん十分すぎるくらいなので問題なしですが、
また別の問題があるのです。

子供の撮影でも、ブライダルでも、最近は野外のロケ撮影が多くなりました。
みなさん、天気の事は大変気にされます。
でも、快晴すぎるのも( どピーカン )ベストではないのです。
薄曇りくらいがベストです。
( 余談ですが、風もロケ撮の敵です )

それは、どピーカンの場合、目の下、鼻の下、あごの下などに、
くっきりはっきりした影が出てしまうからです。
この影を弱くするために、十分明るいのにフラッシュを使います。

影を消すためのもう一つの方法は、
人物全体を日陰に入れるか、
逆光にして、顔全体を影にする、という方法です。
この場合は、人物全体、または顔が暗くなりやすいので、
この場合もフラッシュをONにします。
上の写真は、やや半逆光なので、レフ板を使っています。
顔を明るくするという意味では、フラッシュと同じです。
( 細かなことを言うとちょっと違うけど )

日中、十分明るいのにフラッシュを使うテクニックを
デイライトシンクロと言います。
昔は、フラッシュの光量の計算方法などがめんどうでしたが、
今は、ほとんどのカメラが、これを自動でやる機能を持っています。
ユーザーは、フラッシュをON( 強制発光 )にするだけです。

結局、暗くても、明るくても、
くっきりはっきり、きれいな写真が撮りたければ
積極的にフラッシュを使いましょう。

デイライトシンクロによく似たものに「スローシンクロ」というのがあります。
スローシンクロについては第9回に書きました。

フラッシュの話はまだ続く。


撮り方講座4 もっと光を

撮り方講座にコメントがついたので気を良くして( 笑い )
続編やりまっす。

4回目のテーマは、「もっと光を」

子供の動きは、意外と速い。
何かに夢中になってじっとしているように思えても、
パッと顔を上げたりした時の顔の動きは速い。

これを暗い部屋の中で撮ろうとするとどうしてもブレる。
細かな理屈は省略しますが、
暗いところほどブレやすいというのはイメージしていただけると思います。

なので、ブレないためには、もっと光を。
室内で撮るなら、なるべく大きな窓のある部屋とか、
白い壁の部屋とか、
いっそ野外でとか。

そして、ストロボ( フラッシュ )は、ON 強制発光にしてください。
ストロボについては、次回もっと詳しくやろうと思いますが、
とりあえず、くっきり、はっきり、きれいな写真が目的なら、
ストロボはONにしてください。

では、試してみてください。

2010年5月17日 (月)

写真のセレクト

1004_a0115s2

ブライダルの前撮りや結婚式当日のスナップ写真でも、
キッズや七五三、お宮参り、成人式の写真でも、原則、
スタジオXYでは、セレクト( 写真選び )をご本人にしていただいている。

とにかく膨大な量を撮るので、
最初の頃は、こちらである程度絞ったものをお見せしていたが、
それは、やめることにした。

お客様の好み、価値観は千差万別だ。
だから、撮ったものすべてをお見せして、
セレクト中も、なるべくこちらの価値観で、
「これがいいんじゃない」と誘導しないようにしている。
( もちろん相談されれば、お応えしますが )

そうすると、
「ほんとにこれでいいんですか ?
もう少しフォーマルなカットの方が無難だと思いますが、、、 」
とこちらが恐縮するカットが選ばれる場合もある。

撮る側は、「こんなのも面白いんだけど、多分選ばれないだろうな」
と思いながら撮っているので、
そういうカットが選ばれると、撮った方はめちゃ嬉しい。
勇気づけられ、背中を押された気になる。

もちろん、撮影の目的や好みに合わせて、
フォーマルなカットも撮るけれど。
それも大切な仕事である。

XYがオープンした10年前は、
「型もの」とよばれる、かしこまった写真が、
写真館写真の主流であった。
この10年間、XYは、
たくさんのお客様に背中を押していただいた。

Aさん、楽しい写真を選んでいただいて、ありがとうございました !!!!!

2010年5月16日 (日)

ちびっこモデルさん

20100516t1088s2

寧々ちゃんは、写真を撮られるのが大好き。
モデルさんみたいだね。
もちろん笑った顔もかわいいけど、
ちょっとお姉チャン顔のこんな表情も似合う寧々ちゃんでした。

2010年5月15日 (土)

永いおつきあい

0911_ks0774s3

ブライダルのお客様とのおつきあいは、長い場合、1年くらいになる。

最初に見学に来られてから、
商品の見積もりと選定、
前撮りの打ち合わせ、
前撮り、
前撮りのセレクト、
結婚式当日のスナップの打ち合わせ、
当日スナップ撮影、
当日スナップのセレクト、、、
この間に、ウエルカムボードの制作や、
エンドロールムービーの打ち合わせ、
それぞれ完成した商品のお渡し、などなど
10回以上お会いすることも珍しくない。

これだけお会いしていると、
最後にお会いする時は、ちょっと寂しい気持ちになる。

昨日、木村さん夫妻がポストカード( 結婚報告ハガキ )の
注文に来られた。
転居されるため、完成したハガキはお送りする。
ということは、直接お会いするのはこれが最後かもしれない。
お幸せにね !!

ぜひ、また、結婚記念日の写真や、
マタニティフォト、お宮参りの写真でお会いできれば嬉しい。

 









  
スタジオXY(エクシィ)TEL 088-683-5531 メールは、xy☆xy-z.net(☆を@に変えて)


2010年5月14日 (金)

おもちゃ

20100513f6641s2

お気に入りのおもちゃに囲まれて、ご機嫌の智くん。
すぐになじんで、終始ニコニコでしたね。
伝い歩きまでもう少しかも。

小さなお子さんの撮影の時には、
こちらでもおもちゃをご用意していますが、
お気に入りのものをお持ちいただくのも、いいですね。

2010年5月13日 (木)

ひまわり

昨日は、定休日。
ヒマワリの種を植えました。
去年は大きく咲きました。
今年も大きく育ってほしい。

大きくなったらサマーキャンペーンなんかの
撮影にも使えますね。

毎朝、水やり
定休日には、肥料やり
・・・・シャチョーの仕事です。

2010年5月12日 (水)

撮り方講座3

子ども写真 撮り方講座の3回目です

3番目に必要なもの
シャッタータイムラグの短いカメラと予知能力。

いきなり専門用語ですみません。
どのカメラも、シャッターボタンを押してから、
実際に写真が写るまでの間には、ほんのゼロ、コンマ、何秒かのズレがあります。
このズレのことを「シャッタータイムラグ」と言います。
もちろんこれは短い方がいい。

人の笑っている表情は、意外と短い。
ほんのゼロ、コンマ、何秒か後には、別の表情になっています。
なので、このズレは、短ければ短いほどよい。
一般的には、高価なカメラ( 一眼レフ )の方が短い。
コンパクトカメラはかなり長い。
携帯はもっと長い。
携帯で子どもの表情を撮るのはかなり難しいですね。
ただし、価格と正確に比例しているわけではないので、
次にカメラを買うときは、このズレの短さもチェックポイントに入れてください。
最近はコンパクトカメラでもこのシャッタータイムラグの短さを売りにしている機種もあるようです。

さて、高価な一眼レフといえども、このズレは、完全にゼロではありません。
一眼であれ、コンパクトであれ、
「今、いい顔してる」と思った時にシャッターを押したのでは遅い、
「いい顔しそうだ」と思った時にシャッターを押してください。
「いい顔しそうだ」と思ってシャッターを押したけど、いい顔しなかった、
なんてことになっても、フィルム時代はフィルム代が無駄になりましたが、
デジタルなら何も無駄にはなりません。
気にせずバンバン撮ってください。

そのためには、1回目にも書きましたが、
右手人差し指をシャッターボタンにのせたまま、
ひたすら待ち続けるという態勢も必要ですね。

本当に、人の笑っている表情は、意外と短い。一瞬です。
吉本見て、笑い転げているときは別ですが。
この一瞬を逃さないために、
笑っている、一番いい顔のピークの、コンマ、何秒か前にシャッターを押す。
ここが今回のポイント。
うまく撮れないとおっしゃる方の、うまく撮れない理由は、
かなりの場合ここにあるような気がします。

では、ちょっとがんばってみてください。
それでもうまく行かないときは、、、、
スタジオXYへ撮影予約の電話を(笑い)

まだまだ続く

2010年5月 9日 (日)

1才記念

20100509b6437s2

旦真くんは、よく動く。
パパとママは大変だと思う。
よく動くだけでなく、このくらいの年齢のコは、
何でも口に入れるので、一瞬も目が離せない。

でも、わずかな期間でずいぶんと成長するので、
元気に育つのを見守るのは楽しいですね。

2010年5月 8日 (土)

写真のレタッチ

20100508h0397s2

今日、雑誌で使う画像のレタッチをしました。

どの写真が使われるかは、発行されてからのお楽しみ。
おそらく使われないであろう方の画像をアップします。

写真がデジタルになってから、レタッチという作業が増えました。
じつは、撮影よりもその後の作業の方がはるかに時間がかかる。
外から見ている分には、なかなかわかりにくい部分ではあります。

写真を選んで、レタッチして、さらに、
ブライダルの前撮りであれ、結婚式当日のスナップであれ、
あるいはそれ以外の写真であれ、写真集タイプだと
レイアウトという作業がある。

レタッチは、しわやシミなどを目立たなくするだけでなく
( この作業はフィルム時代にもあった )
シャープにしたり、ソフトにしたり、あるいは、
濃度、コントラスト、彩度、色相、などを調整します。
レタッチすると1枚の写真のファイル容量が100Mから
時には数100M( CD1枚に写真1枚 ! )になることもある。

作業が( コストも )増えて大変になった、とも言えるが、
以前は不可能だったことが可能になって、
写真をより自分のイメージに近づけることができる、とも言える。

レタッチ前のビフォーと、レタッチ後のアフターをお見せしたい気もするが、
やめておきましょう。
ただ、あまりやりすぎると、ご本人でなくなってしまうし、
写真ではなくCGになってしまうので、頃合いも難しい。
時々雑誌やポスターで「やりすぎだろ」と思うのがありますね。

今日はちょっとだけ、写真屋の裏話でした。


2010年5月 7日 (金)

撮り方講座2

子ども写真 撮り方講座2

パパ、ママがご自分のお子さんを撮る時必要なもの、
その2は、アシスタント。

アシスタントといってもカメラマンのアシスタントではありません。
要するに、お子さんの遊び相手、です。

パパなりママなりが、遊び相手もしつつ、写真も撮るのは、
不可能ではありませんが、かなり難しい。

子どもが遊びに夢中になっていてくれたら、一人二役もできる場合もあります。
( ただ、今度は、夢中になりすぎてお子さんの表情が、マジ真剣すぎる、という問題がありますが )

普通は、「ママ、写真なんか撮ってないで遊んでよ」とか
「ママ、抱っこしてよ」ということになって、
写真を撮るどころではなくなります。

そこで、ママが遊び相手、パパが写真係
( もちろん逆でもよいし、おじいちゃん・おばあちゃんでもよい )
と分担できればベストです。
遊び相手は、なるべく楽しく( 写真を撮るための義務感だけじゃなく )
笑顔で遊んであげてください。写真係担当も笑顔でね。

いい写真を撮ろうと思ったら、ちょっと大変ですが、それなりの態勢が必要ですね。

ただ、前回書いたように、「笑顔」にこだわらないのであれば、
泣き顔でも、ふくれっつらでも、真剣な顔でもいいのであれば、
一人でも撮れないことはありません。

それから、ここまでの話は、お子さんが1,2才以下の場合を想定しています。
もう少し大きなお子さんなら、一人でも撮れるかもしれませんね。

2010年5月 6日 (木)

雑誌の仕事2

20100506bibi6133s2

今日も撮影に行ってきました。
天気はまずまずでしたが、風が強くて大変。
ヘアスタイルを見せるということが撮影の目的の一つなのに、
風が吹くたびにめちゃくちゃ。
美容師さんは大変だったと思います。

雑誌で使われるかどうかはわかりませんが、
モデルさん本人のお気に入りはこれ↑。
今回も読者モデル( 素人モデル )さんでしたが、
毎回かわいい子で、ノリもよく、
楽しくお仕事させていただいています。

雑誌の仕事

20100505bibi5097s2

昨日は、雑誌の仕事をしてきました。

時々こういう仕事もします。
2本撮影しましたが、どちらのモデルさんも、
最後は、素人モデルとは思えないほど、結構ノッテくれて、
楽しくお仕事させていただきました。
撮った写真は、雑誌の発行をお楽しみに。
今日もこれから行ってきます。

2010年5月 4日 (火)

モノクロ写真

20100504c4643s2


20100504ko4909s2


今日はモノクロ写真にしてみました。
モノクロは味があって、私は好きなんですけど、いかがでしょうか?

結那ちゃんは、大人のプロモデル顔負け、
動じることなく、カメラの前に立ってくれました。

蒼一朗くんも、すぐに慣れて、楽しく遊んでくれました。
ありがとうね。

撮り方講座1の続き

昨夜は、一番大事なことを書くのを忘れていました。

待ってても、笑ってくれなかったら、
笑顔を撮るのをあきらめましょう。

なにか、遊びに夢中になっていたら、その真剣な表情を、
泣いてしまったら、その泣き顔を、
カメラに背中を向けてしまったら、その後ろ姿を撮りましょう。
そのうちカメラに向かって笑ってくれる時もあるでしょう。
その時は、その笑顔を撮りましょう。

小さな子どもの泣き顔はかわいいし、
子どもの背中には、味があります。

人生が笑顔ばかりでないように、
写真も笑顔ばかりでなくてもいいのではないでしょうか。
いろいろあった方が、後で見た時、いい思い出になりますよ。

そんなことを、xy-z.netの「こだわり」ページに
書きました。
よかったらこちらも見てください。

2010年5月 3日 (月)

撮り方講座1

本当は、写真館なんだから「写され方」講座を
先にやるべきだったかもしれませんが、
リクエストが多いので「撮り方」講座を
僭越ながらやらせていただきます。

パパやママが自分のお子さんを撮る時に必要なもの
その1は、持久力と忍耐力。

いつでもシャッターが切れる態勢で、
子どもがいい顔するまでひたすら待ち続ける能力。
これが意外と難しい。

ついつい、「こっち向いて」とか「笑って」とか
命令してしまいますよね。
でも命令されて笑う人はいません。

だから、お父さん、お母さん、
ご自分で撮る時も、エクシィでお撮りいただく時も、
決してお子さんに怒らないでくださいね。

かく言う私も、仕事の時は
「お仕事モード」なのでいくらでも待てますが、
自分の子どもを撮る時は「父親モード」になって、
つい命令してしまいます。
だから自分の子どもの写真はあまりありません。
紺屋の白袴、というやつです。

2番目に必要なものは、次回やります。乞うご期待。

<予告編>
2番目に必要なのは、アシスタント。
3番目に必要なのはシャッタータイムラグの短いカメラと予知能力。


2010年5月 2日 (日)

お客様の声

今日、websiteに「お客様の声」ページを追加しました。
お客様の声はこちら
スタジオXYで、写真をお撮りいただいたお客様の感想を募集・掲載しています。
やはり、お客様の声を聞くことが一番大事かな、とも思っています。

お寄せいただいたご感想は、ご本人の了解のある場合は、原則としてすべて、その「お客様の声」ページで公開いたします。

こちらのブログでも、なるべく多くの方にご登場いただこうと努力しておりますが、撮影が立て込んだ日などには、すべて、というわけにもいきません。
その点ご了解ください。
本日も、申し訳ありませんが、画像アップなしです、ごめんなさい。

2010年5月 1日 (土)

結婚記念日

20100501_k4171s2

結婚記念日の写真は、ゆずなちゃんが増えて、3人で。
暖かな日差しが、幸せそうな3人を、より一層幸せ色に染めていました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト

月別アーカイブ

無料ブログはココログ

facebook

linkwithin

  • Related Posts with Thumbnails

google

  • google